ゴージャスなゴールド

最もゴージャスなゴールド(金)について

ゴールドという金属

ここ10年以上、金相場は上昇を続けていましたが、今年に入って急激に上昇したため、にわかに注目されることになりました。金の相場はいろいろな物に左右されます。例えば、新しい金鉱が見つかったりすれば、一気に相場が下がります。また、中国などでは金が珍重されるため、お祝い事や祭りごとがある時期には、金の需要が高まり、金の相場が上がります。日本では、一般の人々が、お小遣い稼ぎのつもりで、自宅に眠っていた貴金属類を金買取に出すケースが相次ぎました。開店と同時に行っても、受付は夕方になるなどという状況さえ、ニュースで報道されるほどでした。

現在金相場は、一時より落ち着いたため、ニュースになることは、あまりなくなりました。しかし自分の家には金は無いし、縁が無いと思って、ゴールドという金属のことを自分の意識から、遠ざけてしまうのも勿体ない話です。せっかく金について日本でも盛り上がったので、金の歴史や性質についても知っておくと良いです。金は昔からその輝きにより、珍重されてきた金属です。特に王侯貴族などの支配者層や富裕層に好まれました。金が貴重なのは、今も昔も変わりありません。絶対的な産出量が少ないですし、その採掘にも手間がかかります。それゆえに、材料そのものに希少価値を持たせて信用性を付けるため、貨幣として使われました。

日本でも大判小判として金が用いられたのは、良く知られている話です。しかし、金が貨幣に使われたのは、希少価値があるからだけではありません。希少価値があれば良いのでしたら、他の宝石、例えばルビーやサファイア、エメラルドやダイヤモンドといったものを使えば良い話です。実際貨幣という概念が無い時代は、このようなきれいな石も、貨幣の代わりに利用されていました。それがなぜ貨幣にとって替わられたかと言いますと、それは金の性質によります。宝石は大きさが一定ではなく、またそれの表面に彫刻するのは、容易ではありません。

しかし金であれば、よく伸びて、成型が用意で、刻印を押すことも可能でした。貨幣の表面に、古代ローマ帝国の皇帝の顔が刻まれていたり、現在でもそのなごりか、国によっては人の顔が刻まれています。古代には、写真などありませんから、皇帝の顔を誰もが持っている貨幣に刻印することによって、古代ローマ帝国の広い領土の隅々まで、皇帝の威光と支配を示すことができたという訳です。もちろん金はやはり貴重ですから、もう少し安い硬貨には、銀が使われていました。

PRサイト

ダイヤモンド買取の業者を徹底比較ランキングサイト

金・プラチナ・ダイヤモンド・宝石なら高信頼の金買取専門買取

ダイヤモンド買取&高価に売る:まずはご連絡ください